薬剤科

薬剤科

薬剤科では、安全で安心できる質の高い医療を提供するために、薬の専門家として個々の患者さんに最適な薬物療法の選択ができるよう、医師・看護師はじめ他の医療スタッフと協働して、薬に関連した様々な業務を行っています。

調剤業務

調剤業務

主に入院患者さんの内服薬、外用薬の調剤を行っています。
医師の処方に基づき、薬の量、のみ合わせ、投与間隔などをチェックしています。
医薬品の中には、温度、湿度、光に対して不安定なものや、加工によって薬の効果が変わってしまうものがあります。そのため一包化、粉砕など、特殊な指示がある場合には、包装シート開封後の錠剤や、粉砕後の安定性を確認しています。

注射管理業務

注射管理業務

医師の処方内容を再度確認し、注射薬を患者さんごと、1日ごとにセットします。医薬品の投与量、投与経路、配合変化などを確認し準備しています。
また当院外来、入院化学療法の抗がん剤を、薬剤師が調製しています。調製者の安全にも配慮し、調製の際は防水ガウン、2重グローブ、保護メガネ、フルバリアーマスクと保護キャップを着用したうえで、閉鎖式器具を使用し、安全キャビネットを用いた無菌的な環境下で行います。
また、生物学的製剤などの無菌調製も行っています。複数の薬剤師によるダブルチェックを行い、投与スケジュールや調製する薬剤、用量等に誤りがないよう確認しています。

医薬品情報管理業務

医薬品を有効かつ安全に使用していただくため、医薬品に関する情報の収集、整理を行い、他の医療スタッフからの問い合わせにお答えするとともに、各部署に医薬品情報の提供を行っています。

薬剤管理業務

医薬品情報管理業務

院内で使用する全医薬品を購入し、各部署への供給を行い、適正な在庫量となるよう管理しています。温度・光・湿度、使用期限等の医薬品の品質の管理や、法律で規制されている麻薬・毒薬・向精神薬・血液製剤棟の管理を行っています。

病棟業務

服薬中の薬について、写真付きの説明書を用いて、服用する理由・薬の効果・用法容量・その他の注意点について説明します。患者さんとのコミュニケーションを大切にしながら、安心して薬を服用していただけるようお手伝いをします。

持参薬管理業務

持参薬管理業務

入院時の患者さんの持参薬をすべて鑑別しています。薬品名だけでなく、規格、用法容量などを改めて確認し、院内処方への切り替え時には代替薬の提案なども行っています。
退院時には持参薬の残数を考慮した処方提案をすることで、患者さんのより良い薬物療法に貢献しています。

お薬服用時の注意

PAGE TOP