パストラルケア室

パストラルケアとは

パストラルケア室

パストラルケアとは、スピリチュアルケア(霊的ケア)と言われ、肉体的苦痛、精神的苦痛、社会的苦痛の緩和とならんで、患者のQOLを高めるには不可欠なケアです。
特に、死や思いがけない人生の危機に直面し、生きる意味、苦痛の意味、死後の問題などが問われ始めた時、その解決にその人自身が答えを見出していけるように寄り添い、共に歩み続けることです。
聖母病院においては、ご入院中の患者様を訪問し、不安や心配事に耳を傾け、安心してより有意義な入院生活が送れるように寄り添い、歩みを共にします。

パストラルケア室の役割

  • 入院患者様の訪問(急性期病棟、地域包括ケア病棟)
  • 外来患者様や退院された方々の継続的なケア
  • 新生児の祝福(チャプレンにより、希望される方はどなたでも祝福を受けることができます)
  • 亡くなられた方のお別れの会
  • 死産、流産された方のお別れの会(チャプレンも出席)

スタッフ

チャプレン(病院専任の神父) 1名
パストラルケアワーカー 2名
ボランティア 1名
チャプレン(病院専任の神父) 1名
パストラルケアワーカー 2名
ボランティア 1名

業務時間

月曜日~金曜日 8:30~16:45
土曜日 8:30~12:30
月曜日~金曜日 8:30~16:45
土曜日 8:30~12:30

実習・研修生の受け入れ

「臨床パストラル教育研究センター」より実習生を受け入れています。

PAGE TOP