産婦人科

1.はじめに

病院開設の翌年(1932年)に産婦人科診療が始まり、約90年にわたり当院で13万以上の新しい命が誕生しました。また、地域医療の担い手として、良性疾患を中心に婦人科診療にも幅広く対応してまいりました。現在、常勤医師7名に加え、4名の非常勤医師とともに、女性のトータルケアに取り組んでおります。

2.産科

産科領域では年間約1500例の分娩を受けいれており、中等度までのハイリスク妊娠・分娩、他科疾患合併妊娠に対応しています(里帰り出産予定の方も含む)。また大森茂元副院長による産科初診外来(水曜日・金曜日の午後)も行っております。

1.妊婦健診
 原則として担当医制とし、助産師と連携したきめ細やかな健診が特徴です。

2.セミオープンシステム
 一定期間、かかりつけ産婦人科で妊婦健診を受けていただくことも可能です。具体的には、診療情報提供書を持って妊娠初期に当院を受診いただき、健診・助産師面談・分娩予約を行います。以降は、かかりつけ医で健診を受けていただき、妊娠34週頃から当院にて分娩に向けた診療を行います。セミオープンの案内についてはこちらのPDFをご覧ください(聖母病院セミオープン案内PDF

3.硬膜外麻酔分娩
 ご希望に応じて、麻酔科医師との連携のもと硬膜外麻酔分娩を提供いたします。当院では、原則として子宮収縮薬を用いた計画分娩としております。当院における硬膜外麻酔分娩については説明文書PDF(産科編麻酔科編)をご覧ください。硬膜外麻酔分娩をご希望の方は妊娠34週ごろまでに担当医にご相談ください。なお、2020年6月、当院は無痛分娩関係学会・団体連絡協議会(https://www.jalasite.org)への参画施設に登録されました(https://www.jalasite.org/area/3_13_13104_0

4.胎児診断外来
 妊婦健診時の超音波検査では赤ちゃんの向きや発育や体のつくり(形態)、胎盤の位置、羊水量などを確認します。赤ちゃんの発育や体のつくりをより細かく拝見する必要があるとき、超音波専門医が担当する「胎児診断外来」において超音波検査を行います。赤ちゃんにご病気が疑われる時には高次専門医療機関とも円滑に連携をいたします。なお、当外来では赤ちゃんの染色体異常(例:ダウン症など)の早期診断を目的としたNuchal Translucency(NT)計測は行っておりません。
 ※他院にて健診を受けておられる場合にも当外来を受診いただけます。受診を希望される場合には、かかりつけ医師からの診療情報提供書を持参の上、ご予約ください。詳しくはこちらのPDFをご覧ください(聖母病院胎児診断外来妊婦向けPDF

5.分娩実績(2019年)
 総分娩数は1436件(経膣分娩:1142件、帝王切開分娩:294件)です。
また、初産は796件(55%)、経産は640件(45%)、硬膜外麻酔による産痛緩和を300件に実施しました。

6.日本産科婦人科学会周産期登録事業へのご協力のお願い
 日本産科婦人科学会では妊娠・出産に関する情報の集計・解析事業を行っております。当院も本事業に参加し、個人情報をすべて削除した妊娠分娩データを学会に提供しております。詳しくは「日本産科婦人科学会 周産期登録事業及び登録情報に基づく研究に対するご協力のお願い」をご覧ください。また、質問がございましたら、実務担当(産婦人科 宮越敬)までお問い合わせください。

※当院産科のご案内サイト「産科のページ」もぜひご覧ください。

3.婦人科

子宮内膜症・子宮筋腫・卵巣嚢腫などの良性疾患が主体ですが、子宮頸癌初期や子宮体癌、卵巣癌などの悪性腫瘍にも対応しております。なお悪性腫瘍が疑われる患者様に対して、腫瘍専門医による「腫瘍外来」を設けております。必要に応じて腫瘍専門医と相談の上、慶應義塾大学病院婦人科をはじめとした適切な専門施設にご紹介いたします。そのほか、生殖・内分泌については体外受精・胚移植を除く一般不妊検査・内分泌検査および治療を行います。更年期障害をはじめとした女性医学に対する診療も行っております。こちらから婦人科予診表をダウンロードできます。必要事項をご記入の上、受診の際にお持ちください。


4.当院にて施行可能な手術

  • 開腹手術(子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣腫瘍、帝王切開など)
  • 腹腔鏡下手術(子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫、異所性妊娠など)
  • 子宮鏡下手術(筋腫切除、子宮内膜ポリープ切除など)
  • 経腟手術(子宮頸部円錐切除・蒸散術、流産手術、子宮頸管縫縮術、子宮脱など)

  総手術件数:555件(2019年)

5.初診

下記の時間内に限り初診を受け付けております。

午前8:00~11:00(全曜日予約制

こちらから産科予診表婦人科問診表のダウンロードが可能です。必要事項をご記入の上、受診の際にお持ちください。

カトリック系の病院であることから、不妊(=避妊)手術、人工妊娠中絶、子宮内避妊具装着、経口避妊薬(低用量ピル)処方などは行っておりません。

6.再診(予約制)

午前診療受付  8:00~11:00

午後診療受付 13:00~13:30

初診診療時に次回の再診(予約診療)日時を担当医とご相談ください。

予約変更及び取り消し、予約についてのお問合せは下記にご連絡ください。

7.産婦人科外来予約窓口

直通電話 03-6908-1717

スタッフ紹介

常勤医師

氏名 役職 卒業年次 出身大学 専門分野 資格
宮越 敬 副院長 平成4年
(1992年)
慶應義塾大学 産婦人科一般
周産期学
超音波医学
日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医・指導医
日本周産期・新生児医学認定周産期専門医周産期専門医
日本超音波医学会認定 超音波専門医・指導医
厚生労働省認定臨床研修指導医
新生児蘇生法「一次コース」インストラクター
慶應義塾大学医学部講師(非常勤)
増澤 利秀 部長 昭和63年
(1988年)
慶應義塾大学 周産期一般
周産期学
婦人科腫瘍
女性医学
日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医・指導医
東京都医師会母体保護法指定医
慶應義塾大学医学部講師(非常勤)
山内 潤 副部長 平成2年
(1990年)
慶應義塾大学 産婦人科一般
周産期学
超音波医学
日本産科婦人科学会認定 専門医・指導医
樋口 泰彦 医長 昭和54年
(1979年)
慶應義塾大学 産婦人科一般
周産期医学
生殖医学
日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医・指導医
東京都医師会母体保護法指定医

厚生労働省認定臨床研修指導医
厚生労働省認定医療安全管理者
山内 美和 医長 平成1年
(1989年)
東海大学 産婦人科一般
周産期学
婦人科腫瘍
女性医学
日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医・指導医
東京都医師会母体保護法指定医
戸田 里実 医員 産婦人科一般
周産期学
女性医学
日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医
西澤 安澄 医員 平成21年
(2009年)
藤田保健衛生大学 産婦人科一般
周産期学
婦人科腫瘍
日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医

非常勤医師

氏名 卒業年次 出身大学 専門分野 資格 現所属・職位
大森 茂 昭和32年
(1957年)
慶應義塾大学 産婦人科一般
周産期学
日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医  
内田 浩 平成6年
(1994年)
慶應義塾大学 産婦人科一般
生殖医学
日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医・指導医
日本生殖医療学会認定 生殖医療専門医
慶應義塾大学・専任講師
片岡 史夫 平成8年
(1996年)
慶應義塾大学 産婦人科一般
婦人科腫瘍
日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医・指導医
日本婦人科腫瘍学会認定 婦人科腫瘍専門医
日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
国際医療福祉大学・准教授
小野 あすか 平成16年
(2004年)
聖マリアンナ医科大学 産婦人科一般
女性医学
日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医  

外来担当表


(第3土は休診)
午前 初診 西澤 安澄 樋口 泰彦 内田 浩 増澤 利秀 小野 あすか※ 宮越 敬
再診
樋口 泰彦
山内 潤 増澤 利秀
山内 潤
樋口 泰彦
増澤 利秀
山内 潤
西澤 安澄
山内 美和
山内 美和
宮越 敬
西澤 安澄
(~12:30)
山内 美和
(樋口 泰彦)
戸田 里実
増澤 利秀
戸田 里実
戸田 里実
(~12:30)
 
宮越 敬
(10:30~)
      
 
午後 初診再診         大森 茂  
専門外来   セミオープン外来
(宮越 敬)
14:00~15:30
胎児診断外来
(宮越 敬)
腫瘍外来
(片岡 史夫)
   
再診    
樋口 泰彦
   

金曜(小野医師)の診療開始時間は9:30~となります。

全予約制

診療時間

【午前】受付時間 8:00~11:00 × 全予約制
【午後】受付時間 12:30~14:00 × × × × 全予約制

診療時間(○:第3土曜日は休診です)

PAGE TOP