聖母病院 看護部

職場紹介

外来

外来

外来は近隣にお住いの患者さんが多く来られます。
短い受診時間の中で患者さん1人ひとりに満足いただけるよう、寄り添い、患者さんの立場に立って接するように心がけています。

医師と協力しながら、患者さんのニーズに答えていけるように、診療介助の他、患者さんが帰宅されてからの自己管理の指導や相談などを行っています。

外来スタッフは既婚者が多く、子育てをしながら短時間からでも働けるような勤務体制をとっており、お互いに協力して働いています。

2階病棟

2階病棟

患者様の入院時から退院を見据えた関わりをしていくことを目指しています。
高齢であるためにADLや認知機能が低下したとしても患者様がその人らしく居られるために必要な支援は何かをスタッフ皆で考えています。
看護補助者も含めたパートナーシップ看護体制でケアを行い、日々のカンファレンスで細やかなケアの工夫を話し合って実践に繋げています。
退院前・退院後訪問を通じて地域とのつながりを強めて退院支援を行っています。

3階病棟

3階病棟

産婦人科病棟/外来/分娩室の一元管理された病棟です。
分娩数が多い病院で現在は年間1500件の出産があります。
全国から助産師が集まり60名の助産師(3分の1がアドバンス助産師)が所属しています。

主体的な出産のケアや助産師外来、各種クラス、ハイリスク妊婦へのプライマリーケア、産後2週間健診や家庭訪問の運営など病棟業務と並行して取り組んでおり、助産師としての責任と権限を十分に発揮できる職場です。
外国人ケアやグリーフケアにも力を入れ、質の高い助産ケアと理念に沿った温かく寄り添う看護を目指しています。

新生児室

新生児室

新生児室では、急性期ケアから育児支援まで多様な知識と技術が必要です。何より大切なのは、自ら病状を伝えることができない新生児の'声なき声'を聴く力(観察力)と、新生児の人権を尊重するケア態度、養育者の思いを引き出すコミュニケーション力です。
そのために、スタッフひとり一人が、経験や役割に応じて補完し合い働きやすいと思える環境作りと、チーム力を高める関係性の構築に務めています。

笑顔のある職場で一緒に仕事をしませんか。

4階病棟

4階病棟

患者様は、急性期・回復期にあり、主に周手術・高齢者看護を行っております。高齢者は高齢期の生理的機能低下と複数疾病による複合的な症状の出現により、必要な支援は多様化しています。

日々の看護の中で大切にしていることは、『その人が、その人らしく』であり、患者様の個別性を考えた看護の実践に努めています。また、医師をはじめ多職種と連携しチーム医療を行うことで、看護は無限な可能性があります。

手術室

手術室

手術室では温かな気配りや持ち前の笑顔を発揮しながら、患者さんとの丁寧な関わりを心がけています。
私たちは患者さんの代弁者となって、安全・安心な手術看護を提供したいと考えています。

職場の雰囲気は、年齢・経験を問わず意見を言いやすく、他職種を含め真剣な話題から日常の何気ない会話ができる関係性が築かれています。
夜間・休日は待機体制となりますが、ワークライフバランスを大事にしていて、休暇等の勤務希望は叶いやすい職場です。