聖母病院:総合病院-東京都新宿区中落合

外科

 消化器疾患を中心に診療にあたっており、平成24年度より常勤医を増員し、常勤医3名、非常勤医4名によるより細やかな診療体制を整えました。外来は毎日午前の受付となっております。基本的には予約診療ですが、救急疾患に関しては可能な限り対応致しております。定時手術は週2回です。

診療内容・特色

外科 ほぼ全ての消化器一般外科疾患に対する手術を行える体制をとっております。可能な限り患者様への身体的精神的負担を少なくすることを目的として積極的に腹腔鏡や内視鏡による手術を行っています。胆石症や急性虫垂炎に対する腹腔鏡下手術では従来の方法より傷を少なくした単孔式腹腔鏡下手術を導入し、早期胃がん・大腸がんに対する腹腔鏡補助下切除術も症例を選び行っています。早期食道がんや早期胃がんの中でも粘膜にとどまるがんの多くは食道切除や胃切除を行う必要がないことから、当科でも積極的に内視鏡的に粘膜下層切開剝離術(ESD)ならびに粘膜切除術(EMR)行って機能を温存する治療を行っています。

 胆石が総胆管に落下することが原因で起こる総胆管結石症や膵疾患に対しては内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)を行い、必要に応じて検査・処置・治療までを行っています。

 当科には経験豊富な消化器外科および消化器内視鏡関連学会の専門医・指導医、日本がん治療認定機構認定がん治療認定医が常勤しており、消化器疾患全般の診療や消化器がんに対する外科治療・抗がん剤治療を受けて頂ける体制を整えております。また専門性の高い疾患に関しては関連施設と連携をとっておりますので、安心して受診やご相談をして頂きたいと思います。 当科は日本外科学会・日本消化器外科学会・日本消化器病学会の専門医制度指定修練関連施設です。

スタッフ紹介

  役職 専門領域 出身大学 資格
武市 智志 部長 消化器外科 徳島大学 日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会認定医
日本消化器外科学会消化器がん治療認定医
松延 修一郎 医員 消化器一般外科
早期癌内視鏡治療
杏林大学 日本外科学会外科専門医
山本 伸 医員 消化器一般外科    
宮野省三 非常勤 消化器一般外科 杏林大学  

初診・再診

午前診療受付  8:00~11:00

外来担当表

  土(第3土
は休診)
 
午前 山本 伸 宮野省三 松延修一郎 武市智志 米田五大 交代制 原則として予約制
           
外来担当表 休診案内 看護部 当院でお産をされる方へ 渡航健診 健診部 にゅうがん検診 救急外来 お問合せ 職員 ボランティア募集 聖母病院は日本医療機能評価機構の認定医療機関です 聖母病院は参加医療保障制度加入機関